ヒートショックを起こさないために

hi-.jpg

こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回はヒートショックについてのお話です。


普段は過ごしやすい地域だからこそ気をつけたい
「ヒートショック現象」

北海道や東北地方ほどは寒くなく、乗り切れないほどの寒さではないことが多い地域では、住宅の断熱性能が高くないことが多いです。
住まい手ご本人は「厳しい寒さ」と感じていても、住宅の断熱性能については、比較的温暖な地域の方が基準値が低いのです。


寒い日のお風呂は、命にも関わる「ヒートショック現象」の原因にも!

寒さによる健康被害は、普段から対策している寒い地方よりもむしろ、対策が万全ではない関東以西(以南)の、比較的冷え込みが弱い地域で起こりやすくなります。
そこで今回は、「今すぐ出来るお風呂の寒さ対策」について紹介していきます。


今すぐできる「お風呂の寒さ対策」

お風呂の寒さ対策というと、お風呂をリフォームしたり、浴室暖房を設置したりと、大掛かりでお金がかかるイメージですよね。
これらは、賃貸では非現実的な対策となってしまいます。

古い建物の場合、お風呂は寒いタイル張りだったり、断熱材が入っていなかったりしてとても冷え込みます。
お風呂の床や壁から冷たさが伝わってきてしまうので、ホームセンターで売っているマットやすのこを敷くことで、直接冷たい床を踏まずにお風呂に入ることができます。

お風呂に窓がある場合、窓に断熱シートを貼るとさらに熱が逃げにくくなるでしょう。
また、お湯をためる時に蓋を開けっぱなしにすることでお風呂場全体を暖めることができます。
難しい場合は、お風呂に入る前に熱いシャワーを浴室全体に出すことでお風呂を温められますよ。

「一番風呂」はまだ浴室全体が温まりきっていないので、高齢者や生活習慣病など、ヒートショックのリスクが高い方はなるべく2番以降に入るという工夫も良いでしょう。


住宅施工から考える「温かい空間」の作り方

高気密高断熱の住宅では、家の中での温度差が小さく、リビングでもお風呂場でも廊下でも、快適な室温を保てることが特徴です。
ヒートショック現象はお風呂場だけでなく、リビングとの温度差のある廊下やトイレ、暖房をつけていない部屋への移動などでも起こりうることです。

その点、高気密・高断熱の住宅では、熱が逃げない構造なので冷暖房効率も良く、夏場も快適な温度を保つことができるのです。

一年中快適で、健康的に暮らせる高気密・高断熱住宅。
R+house井笠浅口店ではC値(気密性を表す数値)0.5以下と基準を厳しく設定しており、温度差が少なく、冷暖房効率の良い家を提供しております。
冬も快適な家づくりなら、ぜひR+house井笠浅口店におまかせください。


気密を疎かにしたことが招いた悲劇

219902586_org.jpg

こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は断熱はしたけど気密を確保しなかった家に起こった悲劇のお話です。


高気密にしなかった結果、家を腐らせるキノコが大量発生!?

高度経済成長の真っ只中の1970年代、一般的な暖房器具といえば灯油ストーブでした。
エアコンの普及率は約1割、贅沢品とも言われていました。
そんな私たちの生活を一変させたのがオイルショックです。
1970年代に起きた2度のオイルショックをきっかけに、日本人の間には「省エネ意識」が芽生え始めました。
特に冬の灯油使用量が膨大な北海道では、壁の中に断熱材を入れて省エネ化を目指す工務店が現れ始めました。
ただし、現在のように気密工事をせず、断熱材をそのまま壁の中に押し込んでいたのが実態でした。断熱材を袋のままポンポンと並べていただけ、という話も聞いたことがあります。
当時の断熱材といえば、RC造の結露の防止が主な目的です。
木造住宅の壁の中に断熱材だけ入れると何が起こるのか、など誰も知る由もありませんでした。
灯油の節約が目当てで壁の中に断熱材を入れた木造住宅は、思ったほど灯油の削減ができませんでした。
それどころか、ナミダタケというキノコが大量発生して、たった数年で住宅の基礎や床下の木を腐らせ、床が抜けてしまうという大問題が起こりました。


北海道ナミダダケ事件とは?

なぜ家にキノコが大量発生したのでしょうか?
当時の研究者が調査した結果「断熱材で発生した結露」が原因であったことが分かり、業界に衝撃が走りました。
暖房で暖められて湿気を含んだ空気は、壁や床下に詰め込まれていたグラスウールの中に侵入して大量の結露水を発生させます。
結露のおかげでキノコはスクスクと育ち、わずか数年で床が抜けるほど木をグズグズに腐らせてしまったのです。
防湿という概念が無かったために起こった悲劇でした。
このナミダタケ事件を二度と起こさないために、結露防止の観点から「高断熱」にする場合には必ず「高気密」もセットで行うようになりました。
忘れてはいけません、住宅の気密化の最大の目的は、木を腐らせてしまう「内部結露の防止」なのです。


柱や土台を腐らせる「内部結露」とは?

結露で最も怖いのは、「内部結露」と呼ばれる現象です。
冬場の暖かい空気は、外気と比較すると大量の水蒸気を含んでいます。そのため、室内の水蒸気は比湿の高い室内から低い外気へと壁を通過していきます。
水蒸気は0.0004μmという微小粒子なので、木や石膏ボードなどのほとんどの建材を通り抜けてしまいます。室内の湿気が断熱材の内部に侵入し、水蒸気を含むことができる限界の温度を下回った場所で発生します。この現象を「内部結露」と呼びます。
サッシやガラス部分に結露が発生する「表面結露」は目視で確認できるため、ある程度の対応が可能です。
ところが「内部結露」の場合、知らない間に壁の中がびしょ濡れになり、カビが発生することによる健康被害や建物の劣化、断熱性能の低下などの具体的な被害が発生するまで気が付くことが出来ません。
特に厄介なのは「内部結露」が発生する状態が長引くと、柱や土台の木材を腐らせる原因となることです。
柱や土台が腐ってしまっては、建物に必要な強度が失われてしまい、大きな地震がくるとひとたまりもありません。


高気密・高断熱住宅で快適で丈夫な家を

内部結露を防ぐためには、外壁に室内から水蒸気を入れないことが1番です。
特に水蒸気を通しやすいグラスウールなどの繊維系の断熱材の場合、高い気密性(室内側の防湿シートの切れ目ない丁寧な施工)が必要になります。
ところが、一般的なハウスメーカーでは防湿材の施工を切れ目なく丁寧に行っている会社は非常に少ないのが実情です。
高断熱にのみ力を入れて、気密性を疎かにした結果、隙間風が発生したり、床が冷たくなったり(そういう家では床暖房が使われています)、家の内部にカビができたりしてしまうのです。
後悔しない家づくりをするならぜひ、R+house井笠浅口店までご相談ください。


冬場の乾燥は危険!

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_m.jpg

こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は今の時期皆さん悩まれている乾燥についてのお話です。
乾燥を侮っていては危険です。
快適に過ごすためにも室内を上手に加湿しましょう。


放っておくと危険!!冬の乾燥による影響とは?

秋から春先まで、日本ではかなり湿度が低く乾燥する季節となります。
冬の乾燥は気象庁から注意報が出るほどの影響があり、様々なトラブルの原因となります。
エアコンや秋風により乾燥するとより寒さを感じ、肌も髪もボロボロ、風邪もひきやすくなります。
氷水を入れたコップを部屋に置いて、2~3分経っても結露しなければ乾燥して湿度が低い可能性があります。
今回は加湿器を使わなくても手軽に加湿できる方法と、乾燥しない家作りのポイントについて考えてみましょう。


加湿器を使わなくてもできる乾燥対策

気軽にできる乾燥対策として、室内の窓側で陽が当たる場所に、洗濯物や濡れたタオルなどを干す方法があります。
洗面器やコップに水を入れて置くだけいいですし、観葉植物を置けば天然の加湿器になります。
霧吹きやリネン用のスプレーで部屋に水をまいたり、入浴後に風呂場のドアを開けておくのも良い方法でしょう。

とはいえ、加湿器にせよ他の方法にせよ、やりすぎは禁物で、カビが生えて健康被害に繋がることがあります。
湿度が高い場合は換気したり除湿機をかけて、加湿器病を予防するよう注意しましょう。
※加湿器病とは加湿器が原因でかかる病気のことを「加湿器病」と呼び、正式には「過敏性肺臓炎」と言います。主な原因は、加湿器を不衛生な状態のまま使用したことによって、繁殖した雑菌やカビが蒸気と共に放出され、呼吸時に一緒に吸い込んでしまうことです。

乾燥しない家作りならプロに相談してみよう

家作りの段階にできる乾燥対策として、調湿建材を使うという選択肢があります。
調湿建材には保湿力と放湿力があるので、スローな調湿を常に行い、通風や換気のしやすい家作りができます。
調湿建材は、高温多湿の地域でも臭いや化学物質を吸収するので、一般の部屋や壁体の調湿に適しています。
家の乾燥対策には専門的な知識が必要ですから、住まいのプロに相談してみると良いでしょう。
快適な未来の生活のためにR+house井笠浅口店に何でもご相談ください。


まとめ

調湿建材など乾燥対策をすることで、乾燥しない家作りをすることができます。
家を建てる前から十分に検討をして、冬でも乾燥しない住まい環境を実現しましょう。


消費税増税はいつから?

shouhizei.jpgのサムネール画像

こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は今年から消費税が10%に上がるお話です。


消費税の増税は10月?

今年の10月で、消費税10%にアップされると言われています。
日本の年金・医療福祉等の福祉がより充実され、日本国民がより安心して豊かに暮らしていける事を期待したいところです。

ついに消費税アップがもう1年を切ってますが、全てのモノに10%になるわけではないみたいです。
食料品等、軽減税率適用品については8%のままです。
しかし、住宅は10%になる様です・・・(>_<)


住宅の場合は、住宅契約~各種申請~工事が始まり~完成・お引渡しまでの間で時間(期間)がかなりかかります。
では、どのタイミングで10%の消費税が適用されるのか?適用されないのか?お話ししたいと思います。


消費税増税~パターン1~

消費税は、2019年10月1日から開始ですので、2019年9月31日までに工事完成し、お引渡していれば8%で問題ないです。
但し、住宅工事完了ではなく、お引渡しが完了していること!となっていますので、ご注意下さい。

すなわち、9月中に工事が完了しても、10月1日以降にお引渡しを行うと10%適用の可能性もあるということです。


消費税増税~パターン2~

2019年 9月31日までにお引渡しが困難な場合でも、消費税8%が適用される場合があります。
2019年 3月31日までに住宅の工事契約を行うことです。
そうすることで、2019年10月1日以降にお引渡しとなっても8%が適用されます。
これを「経過処置」というのですが、経過処置にも期限があります。

2020年中にはお引渡しを完了して下さい、となっています。

よほどのことが無い限りは、大丈夫ですよね。


まとめ
人生で一番大きい買い物と言われる住宅は、高額の為に、消費税10%も大きな金額になります。
もうそろそろ家を建てようかなと、住宅計画をと思っている方はこの消費税10%アップの機会にご検討してみてはいかがでしょうか?

消費税も含めた家づくり、土地のこと、住宅ローン・資金計画等に関することで心配な事がありましたら、ぜひR+house井笠浅口店にご相談ください。


土地選びのポイント

juutaku_20151015.jpg


こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は土地選びのポイントについてのお話です。

どこにある土地を選ぶかは、これから暮らす街や場所を選ぶということですね。
「今の住まいの近くがいい」「実家に行きやすいところが便利でいい」など、おおまかな希望エリアが決まっている人も、「予算内で希望の広さがあればいい」などエリアにこだわっていない人も、自分にとって暮らしやすいエリアかどうかを、さまざまな角度から確認して土地探しをしよう。


エリアの特徴

もともとある住宅街や、その近くで売り出されている土地と、新たに宅地造成されたタウンにある土地では、街の雰囲気に違いがあることは感じ取れるかと思います。
エリアによっては、開発から年月がたったニュータウンなど住民に高齢者の多いところ、建て替えが進みあらゆる世代が暮らしているところ、商業施設や病院などが充実しているところなどさまざまです。
新たにつくられたタウンの場合は、計画的に配置された美しい街並みが特徴だったり、商業施設や飲食店が豊富で比較的若い世代が多く集まっています。
希望するエリアでは、どんな住環境が得られるかをまずは確認してみましょう。


通勤や通学の利便性

通勤や通学にかかる時間や、利用する交通機関や路線の本数、ラッシュ時間の込み具合などを確認しましょう。


最寄駅へのアクセス

通勤や通学、買い物に出るときに使う駅までは、徒歩でどれくらいかかるか、始発と終電は何時か、自宅から駅までバス便利用なら運行本数は十分か、などの利便性を確認します。
また、街灯が整備されていて夜道が暗くないかなど、安全性も重要しましょう。
昼間の雰囲気がよくても夜になると真っ暗...なんてことも。


買い物施設

日常的な買い物がしやすいスーパーやコンビニ、週末のまとめ買いに便利な大型ショッピングセンターへのアクセスをチェックします。
駅から自宅の途中にスーパーがあると、仕事帰りの買い物もストレスがありませんね。


病院や銀行、郵便局などの公共施設

日常的には利用しなくても近隣にあると便利なのが、内科や小児科、歯科などの病院、そして、銀行や郵便局などの公共施設です。そのほか、図書館や体育館、区役所や自治体の出張所などの場所も確認しておきたいですね。


通学先

その土地の近くにある学校が、通うことになる学校とは限りません。
その土地がどの校区に含まれているかを必ず確認しましょう。
不動産仲介会社や市区町村の教育委員会に問い合わせれば知ることができます。


将来の住環境

今は利便性がそれほど良くはないエリアでも、再開発によって商業施設が充実したり、計画的に公園が整備されたりなど、暮らしやすい街に生まれ変わることがあります。
希望エリアで再開発の計画がないかをチェックして、将来の環境もイメージしたうえでエリアを選びたいものですね。


R+house井笠浅口店ではこのように細かい土地のことまで一緒に考えてくれるので安心して家づくりを始めることができると思います。ぜひお気軽にご相談ください。
今回の土地選びのポイントは住んでからの話に重点を置きましたが、次回はもう少し具体的な土地選びについてお話します。


シンボルツリーにアオダモが人気!

130871i3.jpg
こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回はアオダモという木をシンボルツリーとして植えるお話です。
アオダモという木は家のそばに植えているととても雰囲気がよく、どういった家にも似合うので人気が急上昇しています。
特に私たちの会社がつくっている家はスタイリッシュなものが多いので、もさもさしていない、淡い雰囲気のアオダモやシマトネリコのような木がとても合うのです。

品の良いシンボルツリーとして少しずつ人気が出てきたアオダモですが、まだそこまで有名とは言えず、その名前を知らない人も多いでしょう。
しかし、アオダモは繊細な見た目をしていてシンボルツリーにはぴったりの木なのです。
ここでは、特徴や育て方を知らない人のために、アオダモの魅力と管理方法について説明します。


アオダモってどんな木?

アオダモは、モクセイ科トネリコ属に属する植物です。
落葉高木で、5~15mほどの高さになります。
日本各地の山地に自生しており、雑木という分類に含まれています。
4~5月になるとかわいらしい白い花をつけます。
秋になると淡く黄葉し、山地では紅葉することもあります。
しかし、夏の日当たりが弱いと紅葉が見られないこともあります。

アオダモは堅くて強度があるとともに、粘りがあって曲げることもできるという性質から、バットの木として有名です。
落葉樹で、小さくて可憐な花を咲かせます。
枝を水に浸すと青い蛍光色となることから「アオダモ」の名がついたといわれており、塗料の原料としても有名です。
日当たりと水はけのよい場所を好むので、北陸地方では水田の近くに植えて発芽状況を農作業の目安にすることもあります。


初心者でも育てやすいアオダモの特徴

アオダモは、根元から複数の幹が立ち上がる株立ちの樹形をしています。
そのため、幹が1本の木に比べて軽やかな印象で、独特の雑木の風情を感じられるところが特徴です。
幹の色は白く、和風洋風どちらの雰囲気にも合うでしょう。

また、葉は小葉が集まって1組の葉を形成する複葉と呼ばれるタイプなので、それぞれが小さく、加えて落葉なので薄く明るい印象です。
シンボルツリーとして同様に人気が高く、白い花を咲かせるシマトネリコという木に似ていますが、シマトネリコは常緑樹、アオダモは落葉樹という点で異なります。
落葉樹は冬になると葉が落ちるので季節感が出やすいのが特徴です。

さらに、アオダモは成長が遅く病害虫も少ないため、維持管理が比較的楽な木です。
自然と形が整ってくるので頻繁に剪定をする必要はありません。


植える前に注意しておきたいこと3つ

アオダモを購入する前に、注意しておくべき点が3つあります。
まず、アオダモは自然の木で、野球のバットやシンボルツリーとしての利用が多くなってからは個体数が減っています。
植樹も進められていますが、成長が穏やかなので資源確保が難しく、植栽用樹木としての流通量も少ないので高価です。
特に形がきれいなものは値段も高くなっているということを知っておきましょう。

また、成長が穏やかといっても、長年放っておくと巨大な木になることがあります。
そのため、シンボルツリーとするならある程度の高さで剪定をする必要があります。
葉が落ちた冬の間に枝を間引く程度でかまいません。

他に、アオダモを植えるときにはある程度広いスペースが必要になるので、その点も注意しておきましょう。
良く根を張るためには広い地面が必要ですが、それだけではありません。
成長して葉が広がっていくことも考えて、植えるときには近くに物がないところを選んでくださいね。


手がかからないアオダモを植えて上品な庭にしよう

アオダモは放っておくと大きく育ってしまうことがあるため、ある程度の剪定が必要となります。
しかし、難しい剪定ではありませんし、水やりや肥料などの手間もかからず、病害虫も少ない木です。
比較的手のかかりにくいシンボルツリーとして優秀なので、庭造りの際に選んでみてはいかがでしょうか。

ドアについて考える

8e347d766f7e8dca716b5fe51e61361f.jpg

こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は家を建てる際に考える家のドアについてのお話です。

ドアと言ってもひとつ決めてしまえばいいというものではありません。
子供部屋のドアは開き戸にしよう、脱衣所のドアは引戸にしよう、玄関は...などドアは様々なところにありますよね。
ドアの種類によって機能してくるものも違ってきますので、じっくり考えていきましょう。


ドア選びの考え方

性能の高い家を建てようと思った時、「どのようなドアを施工するか」は重要なポイントです。
建築家との家づくりでは、どの種類のドアをどこに施工するか、という点も設計のポイントとなります。
部屋を隔てて、家族とどんな関係性を結びたいかということが、一枚のドアの施工意図に現れてくることさえあります。

一般的にドアには引き戸、開き戸があります。
今回はその両方のメリット・デメリット・使い分けなどを紹介します。


引き戸のメリット・デメリット


◎場所を取らない

開き戸の場合は、ドアを開け閉めするスペースが必要になりますが、引き戸の場合はその必要がなく、ドアの周りに物を置いてもドアの動きの邪魔をすることはありません。
ドアを開け閉めするスペースが作れない場所には引き戸が適しています。


◎部屋同士を繋げて使いたい場合に、勝手がいい

リビングと客間、子供部屋同士等、ドアを開けて広いスペースとして利用したい場合と部屋を分けて使用したい場合がある隣り合った部屋の場合、引き戸にする事でドアの開け閉めで使い方を変えることができるので便利です。
開けっぱなしにできるというのも引き戸のメリットですね。


◎開閉する際に体をあまり動かさなくて良い

開き戸はドアの開閉の際に体を動かす必要がありますが、引き戸はその場に立ったまま扉の開け閉めができます。
バリアフリーの観点でもこれはメリットになります。


◎風通しが良い

ドアを開けっぱなしにできる引き戸は、風通しをよくすることができます。

△気密性が低い

一般的に引き戸はドアの上下に隙間ができやすく、開き戸に比べて気密性が低いと言われてます。


△遮音性が低い

隙間ができやすいので、遮音性も低いと言われています。


△ゴミがたまりやすい

引き戸のレールにゴミが溜まりやすく、レールの掃除が必要になります。


△扉枠が倍になるため、値段が高くなる

ドアの枠が開き戸の2倍になるため、施工費用も高めになります。

開き戸のメリット・デメリット

開き戸のメリットは、引き戸のメリットの逆になります。
具体的には以下の通りです。

◎気密性が高い
◎遮音性が高い
◎掃除が楽である
◎扉枠が少なく済む

デメリットも引き戸のメリットの逆になります。
扉を開く際にスペースが必要なこと、扉の開閉の際に体の移動が必要なことなどが挙げられます。


快適な暮らしの為に使い分けを

ドアを選ぶ基準としては、家のデザイン・コンセプト・広さなど様々な物があると思います。
気密性、遮音性の必要性をしっかりと考えたうえで、ドア選びをすることが家づくりの過程で大事になってきます。
ドアに関して、絶対にここはこれ。といったような決まりはないので、空間に求める機能性を考えたドア選びが大切になります。


土地の相談からドアの相談まで

R+house井笠浅口店では土地探しから家づくりまで、これからお施主様になられる方が「知らなかった」がために損をすることのないよう、お話をさせて頂いております。
家づくりに興味のある方は、ぜひR+houseまでお気軽にお越しください。

また、家づくりに関する勉強会も定期的に開催しております。
これから家を建てる方必見の情報満載ですので、こちらもぜひお気軽にご参加ください。

お掃除ロボットとうまく付き合う


P9250068-800x533.jpg

こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回はお掃除ロボットなどの最新家電とうまく付き合っていくコツについてのお話です。


最新家電とうまく付き合うためには?

最近はお掃除ロボットやコードレス掃除機が随分普及しており、コンセントの場所にとらわれない家電が増えてきています。
共働きが増えてきている時代ですので、そういった家電をうまく利用することによって家事に費やす時間を減らして、なるべくストレスがかからない生活をするようにしましょう。
家事と仕事を両立させるには家電を上手に使いこなすことが大切です。

しかし、このような家電をより効率よく利用するためには家具の配置やお掃除ロボットの動線を考えてあげる必要があります。

上手に活用して、よりキレイにお部屋を保ちたいですよね。
今回は、お掃除ロボットの動線を考えた家具の配置についてご紹介します。


お掃除ロボットの動線の整える

床面積を広くする

ロボット掃除機は物にぶつかると方向転換を何度もして避けようとします。
登れそうな段差の場合は登ろうとして転倒してしまう場合も・・・
床に物が置かれていない状態であればこれを回避することができます。

方向転換を少なくすることで、物だけでなく掃除機自体のキズを防ぐこともできます。
特に気をつけたいのがダイニングテーブル付近です。
テーブルや椅子の脚にぶつかり、家具が傷つきやすいエリアの一つです。

部屋の床面積を2/3見える状態にすると部屋が広く見えると言われています。
床に物を置かないことは、ロボット掃除機だけでなく部屋を広く見せることにも繋がるんですね。まさに一石二鳥です。


配線をまとめる

配線類もロボット掃除機の難所の一つです。
コードに絡まってしまうと掃除機もコードも傷つく原因となります。
コード類に引っかからないようにコードは束ねるなどの工夫をしましょう。


段差を設置しない

ロボット掃除機は基本的に段差を登ることはできません。
機種によって数センチの段差を登ることができるものもありますが、できるだけ小さな段差でもなくしてしまう心がけを持つことで、よりロボット掃除機が動きやすく効率的に掃除ができるようになります。

このように掃除ロボットの動線を整えておくことは、床周りを綺麗に保つことにもつながります。


家電も家族も過ごしやすい家づくり

床に物を置かない生活はロボット掃除機の活躍はもちろん、部屋を広く見せるためにも効果的です。
R+house井笠浅口店では家づくりに関するお客様の希望を反映させて心を込めた家づくりを心がけています。

家電が効率的に動ける空間作りは、家族の生活動線も効率的になるはずです。
快適な住まいのことならR+house井笠浅口店にご相談ください。


気密の大切さについて

IMG_1340-19d32.jpgのサムネール画像

こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は気密の大切さについてのお話です。


気密について思い違いしている人が多い現状

「断熱材さえ厚くしておけば自然と気密性能は確保できる」や、「日本の住まいは"高断熱・中気密"ぐらいがちょうどいい」といった声をいまだに聞くことがあります。
また断熱材の外側に気密シートを張っているZEHビルダーさんの現場を見かけることも。
気密を「一部のマニア向け技術」ととらえ、きちんと施工されていない会社も少なくありません。
ですが、これらの考えはすべて間違いであり、思い違いです。
気密に関しては知っているようで正しく知られていないことがたくさんあります。


断熱等級4でも寒い家?!

四国や九州のような温暖とされる地域ほど、過酷な温熱環境の住まいが多かったりするのです。
例えば、プロ野球の春季キャンプで盛り上がる2月下旬の宮崎県宮崎市。
ある住宅の温度を朝の9時半に測ったところ、寝室は外気温7.5℃とほとんど変わらない8℃でした。ほぼ外ですよね。
意外なのがこの家の断熱性能は最高等級の4だということです。
最新の技術と材料によってきちんと断熱化されているにも関わらず10℃を下回るには、C値3.9㎠/㎡という気密性能の低さが原因です。
この一例からわかるように、どれだけ厚い断熱材を入れても隙間があったら意味がありません。「気密なき断熱は無力なり」という言葉の通りです。


健康も省エネも換気も気密次第

気密をきちんと確保するとしないとでは、特に「結露」「健康」「省エネ」「換気」の4つが大きく変わってきます。
隙間がある住宅は結露しやすく、寒暖差が大きいためにヒートショックの可能性が高くなり、エアコンや24時間換気が思うように効きません。
仮に換気に着目してみると、C値5.0㎠/㎡の住宅の場合、給気口からは約17%しか給気されず、残りの約83%はすきま風という計算になります。
よく「第三種換気は冬寒くて使えない」などと言われることがありますが、気密処理をきちんと行っていればそんな事態にはなりません。
その証拠に、当社の第三種換気システム「ルフロ」は日本一寒いとされる北海道
旭川市で一番売れています。


大事なのは断熱だけじゃない

日本の家づくりは、国主導の省エネ施策により、高断熱だけを追い求める少々かたよった姿で変遷を遂げてきました。
けれども本来は、高断熱と高気密はセットで考えるべきものです。
断熱レベルだけを上げる家づくりはやはり間違っています。
私たちは、高断熱・高気密に計画換気を加えた3要素が住宅には不可欠だとされています。これらの5つがバランスよく機能して初めて、快適で健康で省エネで長持ちする家になるからです。


R+house井笠浅口店では高気密・高断熱の家づくりを徹底しています。
確実な気密測定を行い、基準値を大きくクリアした家づくりに励んでいます。
安心安全の快適な住まいづくりを私たちと一緒にしませんか?

子どもの空間をリビングに


255efdb82751aef40050a9a5b7c2f587.jpg

こんにちは!

R+house井笠浅口店の岡田です。

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回はリビングにキッズスペースを設ける点で気を付けたいことについてのお話です。
子どもがまだ小さなうちは目の届く所で遊ばせないといけません。
するとどうしても生活の中心となるリビングで子どもが遊ぶことになりますよね。


どんどん増える子どものおもちゃ

小さいお子さんがいらっしゃる家庭の共通の悩みとも言えるのが、どんどん増える子供のおもちゃの置き場所問題です。

子供部屋を一応用意していても、まだ小さいと部屋におもちゃをしまってしまうと家事をしながらおもちゃで遊んでいる子どもを見ることができず心配ですよね。
そうなると必然的にリビングにおもちゃがどんどん溜まってしまう結果に・・・

時間は有限です。

家事もしたいし子どもを遊ばせてあげたい、どちらも大切で時間を確保したいですよね。

そんな方にオススメなのがリビングにプレイゾーンを設けることです。


おもちゃが溢れるリビング...気を付けたい家のこと

リビングなら家事をしながらでも目を配ることはできますが、子どもは時に大人が予想しないようなことをしでかします。目が行き届く場所でも安全対策はしっかりしておきたいところです。


硬い床は子供が転んだら怪我をしてしまうかもしれません。

また、おもちゃを投げて床が傷ついてしまうこともあるでしょう。
床にプレイマットを敷くことでどちらも防ぐことができます。

ちなみにプレイマットは作っているメーカーなどによってサイズやつなぎ目の大きさが全然違うことが多いので、買うのなら同じところで買うようにしましょう。


目をちょっと離した隙に子供が窓を開けてしまい外に出てしまったら・・・
転落事故や、そのまま道路に飛び出してしまう事故が発生してしまうかもしれません。
窓に補助ロックを設置して、勝手に窓を開けるのを防ぎましょう。

簡易的なものは100円均一でも売っています。
ですが落ちたら大けがをしてしまうだろうという窓には本格的な補助ロックを付けておくのをおすすめします。
子どもは思いがけない窓から外に出て行ってしまいます...。


コンセント

子供の小さい指では、コンセントのような穴でも入り込んでしまいます。
子供は穴に指を突っ込むことが大好き、感電の恐れがあるのでコンセントカバーなどで覆っておくのがベストです。
コンセントカバーは取れにくいものをオススメします。
かわいいものも売られていますが、あまりにかわいいものだと、むしろ目立って子どもが取りに行ってしまうなんてこともあります。


子供がいつの間にかペンで落書きをしてしまった・・・
鉛筆ならまだしも、ペンだから消せない・・・
壁の落書きは掃除してもなかなか消えにくいので厄介ですよね。

発想を転換して、落書きができる壁紙にしてしまうという方法があります。
黒板のようになっているものや、通常の壁紙の上に貼れるものなど種類もいろいろあるので落書き好きなお子さんがいらっしゃる場合は検討してみても良いでしょう。


子供が健やかに成長できる家

子供にとっておもちゃは遊びながら手先の感覚、器用さを養っていくものです。
おもちゃで遊ぶことは知育育成にも大きな効果があります。

また、「ごっこ遊び」では社会的役割を疑似体験することでモノの考え方などを身につけて行きます。
子どもとおもちゃは切っても切り離せない関係です。
ですから親としては目の届く場所でおもちゃで遊んで欲しいし、しかしおもちゃはすっきりと収納させたいですよね。

R+house井笠浅口店ではそんな家族思いのお施主様の要望をしっかり盛り込んだ家づくりができるよう、話し合いをしっかりとしながら家づくりを進めております。


定期的に勉強会も開催しておりますので、これから家族の家を建てようと考えている方はぜひお気軽にご参加ください。