住宅ローンの種類を知っておこう

vol14_1.jpg


こんにちは!
R+house井笠浅口店の岡田です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は住宅ローンの種類がたくさんあるのを押さえておきましょうというお話です。

住宅ローンには、公的融資や民間融資、フラット35などの種類があって、どれがいいのか分からないと感じたことありませんか。
自分に合った住宅ローンを見つけるためにも、それぞれの特徴を理解するための情報収集は欠かせません。
ここでは、住宅ローンの種類や特徴について、簡単に解説したいと思います。


公的融資と民間融資の特徴

住宅ローンは、大きく分けると公的融資と民間融資に分けられています。
公的融資とは、自治体などの公的機関による住宅ローンのことで、かつては住宅金融公庫融資や年金融資などがよく選ばれてきました。
近年では、銀行ローンなどの民間融資が増えており、選択肢が豊富で条件に合わせて自由に選べるようになっています。
民間融資は、住宅ローン専門会社や生命保険会社などでも取り扱われており、所定の条件を満たせば低い金利が適用されるなど魅力的な商品が登場しています。


全期間固定低金利が魅力のフラット35

フラット35とは、全期間固定金利の住宅ローンのことで、住宅金融支援機構と民間金融機関が連携しています。
フラット35の住宅ローンは、民間の金融機関が窓口となっており、金融機関によって金利や手数料が異なっています。
最近では、フラット35を含めた民間住宅ローンを組むことが多くなってきました。
フラット35を申し込める建物のうち、省エネ性能・耐震性・バリアフリー性・耐久性などの性能基準を満たせば、金利の引き下げが受けられるフラット35Sの申し込みもすることができます。

住宅ローンのことなら住まいの専門家に相談してみよう

 
住宅ローンは数十年にわたって返済を続ける必要がありますから、金利のわずかな違いでも返済総額に大きな差が出て来ます。
少しでも賢く住宅ローンを利用するため、金利の低い順に優先順位をつけ、変動金利より固定金利を優先するとよいでしょう。
住宅ローンは民間ローンなど商品が豊富ですから、自分に合う住宅ローンを見つけるために、住まいの専門家に相談してみることができます。
住宅ローン選びのことでも、R+house井笠浅口店に気軽にご相談ください。


まとめ

住宅ローンには、公的融資や民間融資など色々な種類があります。
住宅ローンを組む前に十分な情報収集を行なって、自分にとって有利な住宅ローンを選ぶようにしましょう。


PageTop

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.okayamatoubi.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1425